価格が乱高下すると話題のビットコイン
そんなビットコインを扱う取引所大手のコインチェックで仮想通貨が引き出されてしまったことが話題になっています。


最近は出川哲朗さんの『兄さん知らないんだ!』のCMをテレビでよく見るようになったコインチェックで、
リアルガチでヤバイよヤバイよ!』な出来事が起きてしまいました。


今回は、コインチェックから引き出されたビットコインはどこへ行ったのかについてお話をします。


さらに2018年のビットコインの価格予想についても合わせてお伝えしますね!

スポンサードリンク


コインチェックのビットコインはどこへ行った?






2018年1月26日、ビットコインの取引所大手であるコインチェックで、顧客から預かっている仮想通貨が何者かによって引き出されるという事件が起こりました。


その額は、日本円でおよそ620億円以上と言われています。


620億円が数時間でなくなってしまうなんて、私のような一般人では金額の桁がすごすぎて笑ってしまいますが、
被害を受けた顧客は笑ってられない大変ショックな出来事ですよね。


しかも、コインチェックは金融庁の仮想通貨交換業者の登録が行われていないため、
今回の無くなった資金の保全や補償がされない心配があるということです。


今のビットコインバブルのような状況で、補償されないルールを知らずにコインチェックを利用している投資家は、
きっとたくさんいるのではないかと心配してしまいますね。


そんなリアルガチでヤバイ状況のコインチェックですが、そもそも誰がどこへ資金を持っていってしまったのでしょうか?

一般論としてはサイバー攻撃事案ですが、今回問題となっている暗号通貨「NEM」は、中国製チャットアプリ「WeChat」や中国での取引所で兌換できる仕組みを有しており、もともと中華圏からの不正なアクセスが多い暗号通貨のひとつとされてきました。



ということは、やはり中華圏の人たちによってゴッソリ持って行かれてしまったってことですかね。
それとも、最近話題の北の国の人たちが関係しているかもしれませんね。

ビットコインの2018年価格予想!






大きな事件が起きてしまったビットコインですが、2018年の価格はどのようになるのでしょうか?


人間の予想AIの予想で比べて見たいと思います。
あくまでも予想ですので当たらない場合もあります。参考程度に、投資は自己責任でお願いします。





まずはAI代表のウェブボットの予想から!


ビットコインは2月半ばから155万円を底値として急上昇
その後は下がることを知らず2018年内に1100万円を突破


これが本当であればドンドン買うしかないってことですが、その前に投資会社、投資銀行、総合研究所、投信投資顧問による人間の予想も聞いてみましょう。


投機的な資金流入によってビットコインの価格は急上昇
ビットコインのリスクに配慮した規制当局が取引制限をする!
これによって投資家のビットコイン離れがすすみ価格が下落


う~ん、AIと人間とではまったく逆の予想をしていますね。
一体どっちを信じればいいのでしょうか?
私としては、現状はAIの頭脳よりも人間の頭脳のほうが優れた予想が出来ると信じたいので、
2018年は一時的に価格は上昇するけれど、最終的には下落してしまうのではと思います。

スポンサードリンク


まとめ



今回はコインチェックの問題とビットコインの2018年の価格予想についてお伝えしました。


ここまで加熱したビットコインですが、この事件によって何かしら規制の手が入るのではないでしょうか。


今後は価格だけに注目するのではなく、そういったリスクをよく理解することも大事なことですね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク