2018年4月に放送のNHKスペシャルで放送されたゴースト血管が危ないと注目が集まっています。


ゴースト血管とはいったいどんな血管のことなのでしょうか?


ゴースト血管にならないように、
日常の食事で対策することが出来るのでしょうか?


また、ゴースト血管になってしまった場合には、
どんな食事を取れば改善されるのでしょうか?


今回は、ゴースト血管についてフォーカスしていきます!

スポンサードリンク

恐ろしい『ゴースト血管』とは!




人間の体には血液が流れています。


その血液が流れる管が血管です。


血管は、心臓から血液を送り出したり、戻したりする太い動脈や静脈から、
体の隅々にまで血液を送るための細い毛細血管まで様々ありますが、
人間の血管の90%以上は細い毛細血管なのです。


血管なんて、日常は意識していませんが、
水が流れる水道管や、車が走る道路のように、私達の体にびっしりと張り巡らされているんですね。


血管の中でも毛細血管は、太さ5~8㎛の微細な血管で、
毛細血管が全身にくまなく張り巡らされることで、人間の健康状態は保たれています。


そんな細くても大事な毛細血管は、40代ごろから急激に減り始めます。


40代ってまだまだ働き盛りで、体の衰えなんてまだまだと思っていましたが、
そんな早くから、しかも急激に減る!とは怖いですね。


そして驚くべきことに、皮膚表面に到達する毛細血管の数は、80代になると以前に比べて4割も減少すると言われています。


血管の90%以上を占める毛細血管が、4割も減ってしまうなんて、
残った6割でどうやって健康な生活を送ればいいのか慌ててしまいますね。


しかも、近年は生活習慣の悪化によって、
若いうちから毛細血管が消えてしまう人が増えています。


確かに、深夜遅くまでスマホをいじって睡眠時間が少なくなったり、
ファーストフードやお菓子などいつでも好きなだけ食べられる世の中ですから、
毛細血管に影響が出て体が不健康になる理由が分かる気がします。


この減ってしまった毛細血管を「ゴースト血管(幽霊血管)」といいます。


いままでそこにあった毛細血管が、
幽霊のようにいなくなってしまったからゴースト(幽霊)なんですね!


名前を付けた方はなかなかセンスがお有りですね!


難しい名前よりも、ゴーストのほうが、
聞いたときのインパクトで頭に残りますもんね!


では、ゴースト血管になるとどうなるのでしょうか?


『ゴースト血管=毛細血管が減る』ということなので、
体の隅々にまで十分な酸素や栄養が届かなくなり、
届かなくなった細胞では、老廃物が排出されず溜まってしまいます。


細胞に老廃物が溜まるということは、その部分が老化していくことになり、
それによってストレスや疲れ、不摂生など色々なことが体に起こります。


そして、ストレスや疲れ、不摂生がえいきょうして、
さらにゴースト血管となってしうという悪循環の場合が多いそうです。


ゴースト血管にならないように、そしてゴースト血管を治すためには
どうしたら良いのでしょうか?


ゴースト血管の改善や対策に役立つ食品



ゴースト化してしまった毛細血管は、
様々な体の不調を引き起こす原因になるということで、
一体どう対策、改善したらいいのか心配ですよね。


ココで朗報!
実は、減ってしまった毛細血管は作ることができます!


人間の体ってすごい能力を持ってますね。


では、どうやって毛細血管を作るのか!


それはヒハツを摂取することで改善に期待することができます。


ヒハツって聞き慣れないし、どうやって摂取すればいいのでしょうか?


ヒハツはコショウ科のツル性木質植物で、果実はコショウに似た風味を持っており、
コショウと同様に料理の調味料として使えばOKです!


摂取の目安は1日1グラム(小さじ半分)程度で十分です!
たくさん摂取しても早く改善するわけではないのでご注意を!


『でもちょっと、辛いものは苦手』というアナタにはこちらがオススメ!



シナモンは、パンやお菓子などにもよく使われる香辛料ですね。


あま~いシナモンロールや、
いつも飲むコーヒーの香り付けにシナモンコーヒーにしてもいいですね。


シナモンは最新の科学的な研究により、血管を若返らせ、アンチエイジングに最適と判明しています!


1日の摂取量については、先程と同じく1グラム(小さじ半分)程度で十分です。
シナモンについても、たくさん摂取しても改善が早くなるわけではありませんのでご注意を!


『甘いものはカロリーが気になるし、コーヒーは苦手』というワガママなアナタにはこちら!



ルイボスティーには、血管の老化を防いでくれる作用があります。


お茶であればカロリーも味も気になりませんよね!


摂取量は1日に2から3杯程度がおすすめです。
たくさん飲みすぎてしまうと、お腹がゆるくなるという人もいるので、
飲む量には気をつけましょう!

スポンサードリンク

まとめ



今回は、誰にでも起こりうる怖いゴースト血管についてご紹介しました。


誰でも平等にゴースト血管は現れます。


これを読んだアナタは、十分な知識と理解をしていますので、
必要以上に怖がることはもう無いでしょう!


ヒハツ、シナモン、ルイボスティーで健康な毎日を過ごしましょうね!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク