2019年2月8日放送の『爆報!THE フライデー(爆フライデー)』に出演する琴富士孝也さんが、なんと現在は療育教室を経営していることが話題になっています!


大相撲の世界では、平幕で優勝後に関脇で活躍した琴富士さんですが、相撲とはまったく違う療育教室を開いているなんて驚きです。


今回は爆フライデーで特集されていた琴富士さんの療育教室経営についてフォーカスしていきましょう!


また、爆フライデーでも取り上げられた、琴富士さんの偽装結婚による逮捕歴についても、過去の話題と合わせてお楽しみください!

スポンサードリンク


琴富士が爆フライデーで現在の療育教室の経営について語る!



現在の琴富士


琴富士さんが爆フライデーで現在は療育教室を経営していることを語るようですが、一体どんな経緯なのでしょうか?


2019年2月7日の神戸新聞NEXTによると、
琴富士さんは2017年に神戸市兵庫区に療育教室「神戸すもうスタジオSerefe(シェレフェ)」を開いたということです。


相撲を引退してから数十年経ちますが、療育教室を初めてまだ2年足らずということで、
いくつになっても新しいことにチャレンジしている琴富士さんに驚きです!


療育教室を開いたきっかけは、
発達障害や自閉症の幼児向けに療育教室を開いている中学校の同級生と偶然再会して教室を訪ねたところ、
「自分も何か社会の役に立ちたい」「もっと深く携わりたい」「体幹の強化は相撲の動きに通じる。自分の経験を生かせるのでは」
と考えて、同級生のアドバイスを受けながら療育教室を開いたそうです。


人の役に立ちたいという純粋な琴富士さんの思いに心がうたれます。


現在では、出張などで月に約20回、計約200人にレッスンを開いている琴富士さん。
「子どもたちの笑顔に自分自身が浄化されているよう。体が動く限り活動を続けたい。」
相撲をとっていた頃と同じように頑張っているようです。

琴富士には偽装結婚で逮捕歴がある!



琴富士偽装結婚逮捕


現在は療育教室を開いて、たくさんの人の役に立っている琴富士さんですが、
2014年に韓国人女性との偽装結婚で逮捕されていた黒歴史があります。

警視庁は2月20日、韓国人女性に在留資格を得させるために偽装結婚をしたとして、公正証書原本不実記載・同行使の疑いで、大相撲元関脇琴富士の小林孝也容疑者(49)を、韓国籍のホステス・李基賢(29)容疑者とともに逮捕したことを発表した。



容疑の内容は、2013年2月に結婚する意思がないにも関わらず、
東京都台東区役所に李容疑者との婚姻届を提出し、戸籍に嘘の記載をさせた
ということです。


事件が起きた当時は大きな話題になりましたね!


警察の取り調べに対し琴富士さんは「本当の結婚です」と容疑を否認しましたが、
お相手の李容疑者は「(日本人配偶者として)一般永住者の資格を得るために偽装結婚した」と認めたそうです。


警察の取り調べでも平然と容疑を認めないところは、
相撲の現役時代から、心臓に毛が生えている!と言われていた琴富士さんらしいですね。


事件のきっかけや気になる報酬についてはスポーツ記者によると、
2人はもともと接点はありませんでしたが、常にカネがないと周囲にすがっていたという琴富士さんが、
知人から李容疑者を紹介されて偽装結婚に協力し、報酬125万円を受け取ったということです。


大相撲の世界であれだけ輝いていた琴富士さんはなぜ報酬125万円の偽装結婚に手を染めたのでしょう?

千葉県出身の琴富士さんは中学卒業後に佐渡ケ嶽部屋に入門し、1980年に初土俵を踏んだ。
91年の名古屋場所で横綱、2大関を破って平幕優勝を飾り、関脇に昇進。95年の現役引退後は親方として後進の指導にあたり、99年に日本相撲協会を退職した。

 その後、タレントを経て飲食業の世界に飛び込んだが、うまくいかなかった。頑張っても「番付」のように目に見える成果がないことにやる気を失い、次第に自暴自棄に。生活が荒れて妻と離婚し、子どもとも離れた。「金になる」と誘われて偽装結婚に手を染めて逮捕され、実刑判決まで受けた。



あれだけ強かった琴富士さんでも、引退後の辛い人生や生活に耐えられなかったのかもしれません。

スポンサードリンク


まとめ



今回は爆フライデーに出演の琴富士さんについてまとめていきました!


現在経営している療育教室について紹介しましたが、大相撲で見ている人を楽しませ、今は療育教室で直接人の役に立っている、
とても立派な琴富士さんですね!


そんな琴富士さんにも、偽装結婚による逮捕歴があるとは、人生山あり谷ありとはまさにこのこと!


これからの琴富士さんの活躍に期待です!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク