グリーンのロゴとおしゃれな店内でおなじみのスターバックスコーヒーが、
2020年までに全店舗でプラスチック製のストローの使用を廃止すると発表し話題になっています。


スタバが環境のことを考えて、
自然に分解することはないプラスチック製のストローの使用を廃止することはとてもいいことですが、
ストローを無くした後の代わりはどうするのでしょうか?


まさか、ちくわを使用!なんてことはないでしょうが・・・


さらに、ストローが必須であるスタバの看板商品、
フラペチーノは今後どうやって飲んだらいいのでしょう?


今回はスタバがプラスチック製ストローの廃止後に使用する、
「ストローの代わりになるもの」について掘り下げてみました!

スポンサードリンク

スタバが提案するストローの代替品




2020年までにプラスチック製のストローの使用を廃止すると発表したスターバックスコーヒーですが、
そのかわりとなるものは考えているのでしょうか?


スタバの冷たい飲み物をゴクゴク飲む場合、
ストローがあるとなしでは飲み方が全然違いますよね。


そこでスタバが発表したのが飲み口がついたプラスチック製のフタ!





この発表で、スターバックスのCEO、ケビン・ジョンソン氏はこのようなコメントをしています。

「我々の目標は、持続可能な方法で顧客のみなさんにコーヒーを提供すること。今回の決定は、その重要な一歩となります」



プラスチック製のストローから、飲み口の付いたプラスチック製のフタへの変更による
値段の変更などは行わないということなので、
スタバ利用者にとっては、値段が据え置きで環境に貢献できることはうれしいですね。


でも、よく考えてみてください。


環境のことを考えてプラスチック製のストローをやめたのに、
その代わりが、飲み口がついた大きなプラスチック製のフタだったというのは???ですよね。


スタバによると、
「カップやふたとは違って、ストローはその重量や大きさのためにリサイクルができない」とのことなので、
リサイクルすることまで考えるとこの変更は正しい答えのようです。

フラペチーノを飲むときはどうするの?




今後、スタバのプラスチック製ストローが、飲み口が付いたプラスチック製のフタに変更されることは分かりましたが、
スタバの看板商品であるフラペチーノを飲む場合はどうなるのでしょう?


さすがに「スプーンで飲むようになる」なんてことはないでしょうが・・・


スタバによると、フラペチーノの場合は今までどおりストローを提供する予定だそうですが、
どんなストローにするのかはまだ決まっていないようです。


何はともあれ、今後もフラペチーノをストローで飲むことができるならホッと一安心ですね。


現在、プラスチック製ストローの代わりとなる候補として上がっているのは、
堆肥にできる生分解性プラスチックのストローか、紙製のストローだそうですが、
悩ましいことに、どちらのストローにも良いところと悪いところがあります。


堆肥にできる生分解性プラスチックのストローの良いところは、
値段も品質も現状のプラスチック製ストローとそれほど違いはないことです。



ストローのせいでフラペチーノの値段が上がることもなく、
ストローをくわえた感触も今のストローと同じならば、
スタバ利用者はすんなり受け入れられますね。


そんな生分解性プラスチックの悪いところは、
実はそのままゴミとしてポイ捨てされると自然に分解はされないことです。



生分解性プラスチックは、堆肥になるためある一定の温度や微生物を必要とするため、
特別な産業設備で処理する必要があるのです。


そのため、山や海にそのまま捨てられてしまったら、ストローの形のまま半永久的に残り続け、
その結果、環境問題に逆戻りとなってしまいます。



それならば、紙製のストローを使用したらどうでしょう。


紙製ならば、そのまま放置しても分解されますよね。


しかし、紙製のストローは、プラスチック製や生分解性プラスチック製のストローと比べて、
1本あたりの値段が高く、その分をフラペチーノの値段に上乗せしなくてはいけません。



そのため、スタバとしては生分解性プラスチック製のストローの採用を検討しているようです。


スタバ利用者としては、値段が上がることは痛いので、それでも仕方がないかなと思いますが・・・


希望としては、紙製のストローに広告を付けて、フラペチーノの値段はそのままにしてほしいかな。

みんなの反応





一方でこんな声も




やっぱりフラペチーノの飲み方を心配する声も

スポンサードリンク

まとめ



今回はスタバが2020年までにプラスチック製のストローを廃止する発表について掘り下げてみました!


飲み口が付いたフタや生分解性プラスチック製のストローなどなど、
2020年まで残り2年の間に、スタバのストロー問題がどうなっていくのか注目ですね!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク