人気ユーチューバーのフィッシャーズですが、
モトキとンダホがはじめてのわんこそばを体験した動画が話題になっています!


フィッシャーズがわんこそばを食べたお店はどこなのでしょう?


わんこそばの値段はいくらなのでしょうか?


わんこそばの最高記録は何杯なのでしょう?


今回はフィッシャーズが訪れたわんこそばのお店についてご紹介します!

スポンサードリンク

わんこそばはどこのお店?




フィッシャーズのモトキとンダホが、
人生初のわんこそばを体験したお店は、たち花という名のお蕎麦屋さんです。


なんと関東でわんこそばが食べられるというお蕎麦屋さんはたち花だけ!といわれるほど、
わんこそば好きには知られているお店のようで、
これまでも様々な番組で取り上げられている有名店なようです。


そんなたち花のお店情報

所在地:神奈川県横浜市神奈川区白楽5-13(東横線 東白楽駅 裏)
TEL:045-431-9445
営業時間:11:30~21:00
定休日:年中無休(1月1日、2日休み)


わんこそば発祥の岩手県まで行かなくても、
横浜まで足を伸ばすだけで体験が出来てしまうなんて、
全く知りませんでした。


わんこそばのたち花は
東急東横線の東白楽駅から徒歩1分の場所にあるということで、
電車でお店に伺うのがベストですね!

わんこそばの値段




場所がわかったところで、
次に気になるのがわんこそばの値段ですよね。


日常の生活の中では
わんこそばに触れる機会は全くない人が多いと思いますが、
いったい値段はいくらぐらいなのでしょう?


わんこそばのたち花の値段は、
大人2,750円、子供(小学生未満)1,375円です!


値段を聞いて、安い!とは思いませんが、
岩手までわんこそばを食べに行く旅費のことを考えれば、
日帰りで、3,000円未満でわんこそば体験が出来るというのはお得ですよね。


あとは、どれだけわんこそばを食べる事ができるか、
その杯数によって、2,750円が安いのか、または高いのかが決まりますね。


ちなみに、わんこそばと言っても、そばだけではなく、
天麩羅、なめこおろし、卵、ひじき、山菜、フルーツ等がセットで付いてきます。



わんこそばに使用する薬味も、
ねぎ、くるみ、もみじおろし、かつおぶしの4種類がついてきて、
単調な蕎麦の味に飽きさせない工夫がされています。


これだけサイド料理がついていれば、
たとえわんこそばをたくさん食べられなくても大満足ですね!



わんこそばのたち花に
わんこそばを食べに行く価値と理由はこれにあります!

わんこそばの最高記録




フィッシャーズのわんこそば挑戦では、
モトキが105杯、ンダホが180杯と、男性の目標である100杯を超えました。


ユーチューブでは、2人とも100杯を超えた記念として賞品をもらっていましたね。


ちなみに女性の場合は80杯を超えれば賞品をもらえるようです!


わんこそばのたち花で、
これまでに1番多くわんこそばを食べた人は、
いったい何杯たべたのでしょうか?


なんと、その数、601杯


これはビックリな記録ですね!


たち花によると、わんこそば1杯の蕎麦の量は10グラムで、
だいたい15杯ほど食べると、お店でだしているもりそばと同じ量になるそうです。


単純に601杯を15杯で割ると、約40ということで、
約40人前のお蕎麦を食べたことになります。


180杯のンダホの記録がかすんでしまいますね。


ちなみに、女性の最高記録は561杯!


フードファイターもビックリな数字ですね。

スポンサードリンク

まとめ



今回は、フィッシャーズのモトキとンダホが初挑戦したわんこそばの、
お店や値段、最高記録についてご紹介しました。


意外と身近にあるわんこそばのお店、たち花を、
みなさんも1度体験してみてはいかがでしょうか!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク