Elegant Restaurant Table Setting Service for Reception



家を建てるときには、家の中に設置する家具を選びますよね。


中には、以前から使っていたものに愛着があるから、
新居でもそのまま使用したい!って人もいるかもしれませんが。


数ある家具の中でも、ダイニングテーブルは、
他の家具とは違った特別な存在です。


家族みんなの食事をする場所であることはもちろんですが、
空いた時間に、一息お茶を入れてみたり、
休日には友人とダイニングテーブルを囲んでパーティーをすることもあるでしょう。


そのように、沢山の人の目に触れて、何度も使用するものだから、
ダイニングテーブルにはこだわりを持つ人が多いのではないでしょうか。


天板は無垢の木がいいよね!、それよりも重厚な石のほうがいいかしら!、
シックなモノトーンカラーがいい!、必要なときに大きく出来る折りたたみ式がいいんじゃない!など、
ダイニングテーブルを選ぶときにはたくさんの意見が出ると思いますが、
ちょっと待った!


そのサイズで大丈夫ですか?


ダイニングルームは、家の中でも多くの人が集まる部屋です。


それだけに、テーブルの周りには人が動けるだけの十分なスペースが確保されなくてはいけません。


どのようなテーブルを、どのように設置するのかによって、
ダイニングルームの設計は大きく変わってくるのです。

ダイニングテーブル周りは騒がしい



ダイニングテーブルで人が食事を取るためのスペースは、
老若男女、それほど違いはありません。


そのため、アナタか夫婦2人であれば、
ダイニングテーブルにはおしゃれな丸テーブルでOKですし、
料理好きなアナタであれば、
たくさんの品数をテーブルに載せられるように、
4人掛けの四角いテーブルでも良いと思います。


ただし、ダイニングテーブルを使うときは、
人は椅子に座って食事をしているだけではありません。


座って食べている人の後ろを、料理や飲み物を持って通ったり、
食べ終わった人は椅子を引いたりなど、
あれやこれやと動き回ります。


ダイニングテーブルの周りは、それらに対応できるように、
ある程度のスペースが必要になることを覚えておきましょう。

最終手段!壁を出す!



ダイニングの設計はだいたい決まってきた!、
でも、どうしてもお気に入りのダイニングテーブルを起きたい!


そんなワガママなアナタに贈る最終手段としてのアドバイス。


それは、思い切ってダイニングテーブル近くの壁を外側へ出す!です。


壁はその分だけボコっとなりますが、
このスペースがなければとても使いにくいダイニングになってしまいます。


ということで、ダイニングの設計は、
ダイニングテーブルのまわりにスペースを確保することがキモになります。

スポンサードリンク