2018年3月1日に両国国技館で開催されるプロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチ、前チャンピオン『ルイスネリ』vs挑戦者『山中慎介』ですが、ルイスネリの考えられない失態が話題になっています!


前回の山中慎介との試合後にはドーピング検査で陽性反応がでたことで話題になったルイスネリですが、今回はどんなハプニングを起こしたのでしょうか!


ルイスネリが起こしたハプニングによって、山中慎介が受けた悲劇と、試合やベルトはどうなってしまうのでしょうか!

スポンサードリンク

ルイスネリがまさかの体重オーバー!




2018年3月1日に行われるボクシングのWBC世界バンタム級タイトル戦で、挑戦者の元王者・山中慎介と戦う前王者のルイスネリですが、試合の前日に行われた2度の計量で体重がリミットをオーバーしてしまい、山中慎介と戦わずして王座が剥奪されることが決まりました。
計量時の体重がこちら!




山中慎介は体重が53.3キロでパスとなりましたが、ルイスネリは1度目の計量では体重が55.8キロで、明らかな体重オーバーとなりました。
この試合のため努力してきた山中慎介にとって、ルイスネリの体重にイラつくことは無理もなく、思わず『ふざけるなっ!』と声がでてしまったのも仕方がないでしょう。
ルイスネリの2度目の計量でも体重は54.8キロで、バンタム級の体重規定の53.5キロをクリアはできませんでした。



前回のルイスネリと山中慎介の試合でも、勝者となったルイスネリがドーピング検査に引っかかるなど物議を醸したしあいでしたが、今回もまた問題が起こるとは、ルイスネリ以外は知る由もなかったでしょう。
ルイスネリは日本まで来て山中慎介と試合をする気があったのでしょうか?この試合にかけて頑張ってきた山中慎介がかわいそすぎます!
ルイスネリのチャンピオンとして試合に臨む姿勢にがっかりです。


山中慎介との試合やベルトの行方




体重が規定の53.5キロよりも大きくオーバーしてしまったルイスネリですが、ファンが楽しみにしていた試合やチャンピオンベルトはどうなってしまうのでしょう!
WBCによるとルイスネリの体重超過により王者としの地位を剥奪する事となりました。
前回のドーピングのときとは違い、体重超過は言い訳のしようがないため今回のWBCの判断は至極真っ当であります。



しかしながら、試合については予定通り行われるということで、山中慎介がルイスネリに勝利すれば山中慎介が王者に、それ以外の結果になれば王者は空席となるようです。
体重を守らなかったルイスネリと、しっかり体重を減らした山中慎介とが試合をすれば、明らかにルイスネリのほうがアドバンテージがあるため、試合が引き分けでも山中慎介にチャンピオンベルトを上げてほしいと思うのは私だけではないはずです。

スポンサードリンク

まとめ



今回は体重が超過とわかっているのにも関わらず、日本に試合にやってきたルイスネリの愚行についてお伝えしました。
ルイスネリの態度を知れば知るほど腹が立って、頑張ってきた山中慎介がかわいそうだと思います。


また、ルイスネリの体重超過により王者を剥奪されたことと、そんな状態でも試合は行われることもお伝えしました。
ぜひともルイスネリに山中慎介の熱い拳を打ち込んでいただきたいですね!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク